DIGGIN' MAGAZINE vol.04

¥1,278価格
DIGGIN' MAGAZINE ISSUE 04
TOKYO SNOWBOARDING ISSUE

TOKYO SNOWBOARDING.....
これは東京のスノーボードカルチャーを追うものじゃない。だいたい東京にそれがあるのか? と問えば、今の時代は正直微妙だ。あくまで「東京」を都市・街の象徴と捉え、掘り下げたいのは「TOWN TO COUNTRY」。都市で暮らしなが、全力でプッシュしたスノーボーディグを体現している人や事象に興味は向かう。
朝イチだけ滑って午後から仕事する人。直行・直帰の使い処を熟知した人。家族旅行を貯金と呼ぶ人。谷川岳ピークから滑った2時間後に都内でミーティング……。

ともあれ、スノーボーダーはバランスが肝心だ。

TOKYO SNOWBOARDER
スノーボードウェアブランド「GreenClothing」を主宰する田口勝朗。
東京と雪山を30年往復し続けているスノーボーダー。80年代からそのスタンスはまったく変わっていない。混沌とした東京の渦の中で、環境の変化から滑らなくなっていく人をたくさん見てきたが、この人の背中を見ていると、街に暮らしながらもこの先ずっとプッシュしたスノーボーディングを続けていける。と確信できる。


プライバシーポリシー

特定商取引法に基づく表記 

FOLLOW ME

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic